Share

boeing797_2
ボーイング社が22世紀に向けて開発中の「ボーイング797」。NASAラングレー研究所とボーイング社の共同開発により主翼が開発された。乗客は1000人搭乗可能で座席は16列ある。翼の長さは256フィート(約80m)で「ボーイング747」と比べると1.2倍長くなった。「ボーイング747」は211フィート(約64m)
555人乗りの大型ジェット機「エアバスA380」用に新しく作られたターミナルが使える設計になっている。(現在はドバイ国際空港にある)

boeing797_1
NASAラングレー研究所との共同開発の主翼は楊抗比(ようこうひ)が50%もの改善が期待されている。
重量は25%軽くなり「エアバスA380」に比べると33%軽くなる設計見込み。
まだ正式な発表日は未定だが民間航空会社の熾烈な獲得競争になることは間違いないだろう。

もしこの旅客機が量産されれば将来海外旅行が格安で行けることが期待されています。
あれ、昔作った紙ひこうきに形が似ている。

Click below to share Share on Facebook