Share

梅消し_1
ノートの真ん中に置きたい、梅干・・・じゃないよ梅消し

■酸っぱそう、だけど賞をとった消しゴム
2013 Midtown Awardsで出典された元谷 文則さんのリアルな梅干消しゴム。
不思議とノートのまん中に置きたくなる消しゴム、その様子はまるで日の丸弁当のように見えます。梅干しでご飯が進むように、梅消しで筆が進むことを願う、ちょっぴりしょっぱいユーモアが込められているそうです。

原研哉賞と東京ミッドタウン・オーディエンス賞を受賞し、市販に向け価格調査を行っています。けっこうリアルでツバが出てきそうです。間違えて食べてしまいそうなレベル(笑)おそらく将来、ヒット商品になるでしょうね。
梅消し_2
梅消し_3

via[Umekeshi | an eraser shaped like a sour plum]

Click below to share Share on Facebook