Share

世界は色で釣られている!なぜFacebookは青い?色彩学とターゲットが分かる企業のロゴを集めたインフォグラフィック

カラーガイド_1
世界は色で釣られている!なぜFacebookは青い?色彩学とターゲットが分かる企業のロゴを集めたインフォグラフィック

■色彩学から購買意欲を上げることを考えられている
アメリカのweb分析のコンサルティングサービスを行っている KISSmetrics(キスメトリックス)が作成した企業のカラーイメージがわかるインフォグラフィック。

企業のロゴカラーはターゲットによって決められていることをご存知でしたか?性別、年代、商品ジャンルなどで色合いを変える企業のロゴ。その狙いが分かるよくまとまったインフォグラフィックです。
カラーイメージは外側から
黄色 OPTIMISM CLARITY WARMTH(楽天主義 明快 温かさ)
オレンジ FRIENDLY CHEERFUL CONFIDENCE(好意 元気 信頼)
赤 EXCITEMENT YOUTHEFFUL BOLD(興奮 若々しさ 大胆)
紫 CREATIVE IMAGINITIVE WISE(創造的 想像 賢さ)
青 TRUST DEPENDABLE STRENGTH(信用 信頼 強さ)
緑 PEACEFUL GROWTH HEALTH(平和 成長 健康)
グレー BALANCE NEUTRAL CALM(平衡 中立 落ち着き)

Facebookは青の(信用 信頼 強さ)にありますが、創始者マークザッカーバーグ氏はFacebookが青いのは「青が一番リッチカラー。だから全て青にした」と語っています。
カラーガイド_2
あなたはどの色のBuyボタンを押しますか?商品や状況によって購買意欲をあおる色は違っいることを示すインフォグラフィック。

黄色:OPTMISTIC  YOUTHFUL(活力、若々しさ)ウインドウショッピングしている人に商品を気づかせる色。
赤:ENERGY(エナジー)クリアランスセールでよく使われる色。
青:TRUST SECURITY(信用、安全)銀行、ビジネスでよく使われる。
緑: HEALTHY(健康)店を安心させる雰囲気にしたいとき使われる。
オレンジ:AGGRESSIVE(アグレッシブ)購読や売り買いを促す。
ピンク:ROMANTIC FEMININE(ロマンチック、女性)年齢を問わず女性向け商品。
黒:POWERFUL SLEEK(パワフル、ツヤのある)豪華な商品に使われる。
紫:SOOTHE CALM(落ち着き)美容品、アンチエイジング商品に使われる。
カラーガイド_3
APPやwebサイトのデザインの改善に役立つ、マーケティングターゲットの性別によって異なる、カラーイメージを示したインフォグラフィック。
ようは性別から見る色の好き嫌いです。(注:webから集めたデータが基です)
女性が好きな色:青、紫、緑
女性が嫌いな色:オレンジ、ブラウン、グレイ

男性が好きな色:青、緑、黒
男性が嫌いな色:ブラウン、オレンジ、紫

この記事はすごいタイトルにしてしまいました(笑)このタイトルに釣られて今見ているかたもいるかもしれませんが、色でも世界は釣られています。ロゴ制作やウェブ制作に関わるかたは参考になりますね。
カラーガイド_4
via[Why Facebook is blue: The science of colors in marketing]

Click below to share Share on Facebook