Share

gunkantou1
映画「007 スカイフォール」にも登場した、長崎県長崎市の端島(はしま)通称「軍艦島」はかつて海底炭鉱として日本の戦後の工業成長の原動力でした。1959年の一番栄えた時には人口密度は世界で最も密集した場所の一つで島内にびっしり詰まった団地には人口5000人以上が暮らしていたそうです。
遠くからの島の眺めが軍艦「土佐丸」に似ていることからこの名前が付けられ、現在は観光名所としてツアーなどが組まれ人気を集めています。
そんな軍艦島を世界遺産に登録したいと「軍艦島を世界遺産にする会」を中心に世界遺産登録運動が行われています。
軍艦島を世界遺産にする会 公式 WEB:
http://gunkanjima.hayabusa-studio.com/
文化庁の推薦候補になるのも大変な壁があるようです。

これは昭和24年当時の写真
gunkanjima11
gunkanjima10
現在は完全に廃墟となっている。

大きな地図で見る
gunkantou2

gunkantou4

炭鉱は気温35度湿度95%とサウナなのような環境でその過酷さから「地獄段」と呼ばれた階段がある。戦時中は捕虜が働かされた歴史があり、その歴史が世界遺産登録の障害となっていると噂される。地獄段を登っていくと高台には「端島神社」がある。
gunkanjima7
gunkanjima8
gunkanjima9

しかし、この美しい景色は日本の誇りであることは間違いない。
gunkanjima6

Click below to share Share on Facebook