インスピレーションを刺激するウェブマガジン

Seven5

心打たれるアート!一人の男が描いた5500匹、悲しき運命のシェルタードック

更新日:

シェルタードック_1
心打たれるアート!一人の男が描いた5500匹、悲しき運命のシェルタードック

■Mark Baroneさんはフロリダで5500匹の犬を描いたアート展覧会を開催
悲しき運命の犬を描いたアート作品。なぜ5500匹の犬なのか?背景にはアメリカで保護された迷い犬が毎日、約5500匹安楽死させられていることにある。Mark Baroneさんはこのアート活動を通じて非営利団体「An Act of Dog」を設立、「NO-キル」運動を起こし寄付金を集めている。
活動を通して集められたお金は全てドックシェルターに寄付され、施設の改善、シェルターにいる犬たちの社会復帰に当てられると言う。

■あなたは彼らの目を見れますか?
「あなたは彼ら全員の目をみることができますか?彼らは殺さることを全員分かっている。ひとりひとり死を覚悟しています。昨日だって明日だって彼らはここで殺されるのです。」とMark Baroneさんは言う。そして彼らを描くことで継ることができると考えています。

普通に生活しているとまったく気づかないことですが、日本でも同じ問題が現実にあります。そういった背景を感じながら悲しき運命を描いたアートをご覧になってください。 
シェルタードック_3
シェルタードック_5
シェルタードック_6
シェルタードック_7
シェルタードック_8シェルタードック_4
シェルタードック_2
シェルタードック_3

私も幼少期から今日までずっと犬を飼ってきたので(多いときは3匹)Mark Baroneさんの活動と努力に心打たれました。世界のドックシェルターとアニマルシェルターが広く認知され多くのワンちゃんや動物たちが救われることを心より願います。記事を書いていたら自然と涙が・・(;_;)
この記事を読んで共感された方がいましたら、シェアお願いします!
NO-キル!あなたも救える。日本のドッグシェルターはこちら→dog shelter/UKC Japan Animal Rescue
via[An Act of Dog/Bernson's Corner: Man paints portraits of doomed dogs]

-アート
-, , ,

Copyright© Seven5 , 2017 AllRights Reserved.