Share

wild_photo_19

■Wildlife Photographer of the Yearの2013年度大会
Wildlife Photographer of the Yearは今年で49回目となり今年は96カ国からフォトグラファーが参加、43,000点以上のフォトが提出されその中から18枚が選び出された。

以前ご紹介したレッドブル・フォトコンペのように大きなフォトコンテストですね。テーマは野生動物と大自然です。イギリスの自然博物館とBBCが審査しています。
2013: Wildlife Photographer of the Year
Essence of Elephants 全体の優勝作品は南アフリカのGreg du Toitさんの「象のエッセンス」と呼ばれる作品です。地面すれすれから撮った写真で巨大な象が残像が出るほど速く移動しているところを激写したものです。
wild_photo_1
2013: Young Wildlife Photographer of the Year – Grand Title Winner
Mother’s Little Headful 経験年数の少ないフォトグラファー部門の優勝作品です。母親ワニの上に子供がたくさん乗ってます
wild_photo_2
2013: 15-17 Years – Winer
Last Light ディズニー映画のようですね。オーストラリアで居眠りをする耳の長いフクロウに近づき気づかれた瞬間ですwild_photo_3
2013: 15-17 Years – Comended
Harvest Gold スイスの小麦畑でゆっくり近づいて撮影
wild_photo_4
2013: 15-17 Years – Runner-up
Freeze Frame スイスにある作者の家の近くで撮影されたオコジョ
wild_photo_5
2013: Animal Portraits – Joint Runner-up
Showdown コンドルの威嚇、南アフリカで撮影
The Gladiator
2013: Behaviour: Mammals – Runner-up
Bad Boys 虫を狙っています。目が怖い(笑)
wild_photo_7
2013: Animals in their Environment  – Winner
The Water Bear 氷の中に白熊が。。。
Polar Bear, Hudson Bay, Canada
2013: Underwater Worlds – Runner-up
Lionfish Bait ライオンフィッシュが獲物を狙っているフォト
Lionfish feeding on SIlversides Pterois Volitans Red Sea, Egypt
2013: Eric Hosking Portfolio Award – Winner
The Flight Path 野生のフクロウが飛んでいるところの撮影は難しいですが、この作品の作者は幼少期のほとんどの時間を自然の中で生活していたのでフクロウが出現するタイミングと場所を心得ていたそうです
wild_photo_10
2013: Eric Hosking Portfolio Award – Winner
Camouflage タイトルは「カモフラージュ」何かいますね。。wild_photo_11
2013: Eric Hosking Portfolio Award – Winner
Hot-Spring Magic 温泉地帯なので白くなっていますwild_photo_12
2013: Wildscapes – Winner
The Cauldron 火山を上空から撮影。タイトルは「大釜」
Wildscapes. Volcano Tolbachik
2013: Wildscapes – Runner-up
Ice Aurora アイスランドの湖「ヨークスルアゥルゥン」のオーロラ
wild_photo_14
2013: Wildscapes – Runner-up
The Greeting 象さんが挨拶していますwild_photo_15
2013: Creative Visions – Winner
Snow Moment 日本の地獄谷温泉の日本猿を撮影wild_photo_16
2013: Creative Visions – Runner-up
Fish-eye View 魚目線で水中から地上の景色を見たところを表現
Under water autumn view
2013: Nature in Black and White – Commended
Giant with Sunbeams 巨大なジンベイザメが太陽光を遮る
Bow Wave
via[Wildlife Photographer of the Year/Winners of the Wildlife Photographer of the Year 2013]

Click below to share Share on Facebook