Share

旅は男のロマン。
そんな男性心を刺激するキャンピングカーとトレーラーハウス。
最近ではいろいろな発想から、目的に合わせたキャンピングカーとトレーラーハウスができているのです。

子供のころ夢みた「キャンピングカーで日本一周」「ふらふらと気の向くままに動き回る生活」
今では定年後、実際に行われているかたもいるのですよね。
スローライフやノマドをしたい!と思っているなら欲しい、キャンピングカーとトレーラーハウス。
これを見ればきっと、欲しくなりますよ。

moterhome_1
折りたたみ式、トレーラーハウス「De Markies」
扇形に広がることで中は広々としています(約30㎡)。
中央部にはダイニングとキッチン、広がった部分にベッドルームができあがる。

このモバイルホームは、1985年にデザインされ11年後、ロッテルダム・デザイン・パブリック賞を受賞しています。
オランダ人建築家、Eduard Böhtlingk氏のデザイン。
幌をオープンにして、釣りをする姿が印象的です。
moterhome_2

moterhome_3

moterhome_4

伸びるキャンピングカー「Doubleback」
moterhome_5
フォルクスワーゲンの1BOXカーを改造してつくられています。
後方に伸びる場所にベッドルームができあがり、中央にはキッチンも備え付けられ、天井も高くなるので室内が広々。

Doublebackの価格はベースで約900万円、ベッドやDVDをつけると約1167万円。
moterhome_6

moterhome_7

moterhome_8

水陸両用のトレーラーハウス
moterhome_10
陸だけではなく水の上でキャンプしたい!ってかたはコレ。
ちょっと狭そうですが5人乗り。水上で過ごす、大人の休日は素敵ですね。
こういうのレンタルできたらいいのに・・と思ってしまいます。
moterhome_20

取り外せる、がコンセプトのキャンピングカー「caravan combo」
moterhome_11
「キャンプ中にちょっと買い物を・・」や「ちょっと周りをドライブしたい」
なんてときに便利そうですね。
Christian Susana氏がデザイン。
motorhome

おひとり様用、キャンピングカー
今、流行りのおひとり様。
意外と快適そうで、おひとりキャンプやノマドするなら、これで充分かもしれません。
ドイツのCornelius Comanns氏のデザイン。
good

「自分でつくれる」「脳育」がコンセプトのトレーラーハウス
このトレーラーハウス、自作できます。
moterhome_12
なぜなら全てLEGO。215,158ブロックのLEGOでできています。
12人のプロLEGO建築家が12週間かけて制作。

プラスチックブロックで組み立てられたトレーラーとして、ギネス世界記録に認定されています。
caravanning(トレーラーハウスで休日を過ごすこと)130周年を記念し、つくられました。
moterhome_13

moterhome_14

moterhome_15

moterhome_16
あっ、水もでるのですね。凄い!
moterhome_17
いつか、これを買い
旅に出たくなる・・・LEGO以外(笑)

via[Eduard Böhtlingk/Mail online/visual news/http://webecoist.momtastic.com/]

Click below to share Share on Facebook