Share

フランス系アメリカ人のフォトグラファー、ビンセント・ラフォーレさんが撮影した地上7500フィート上空からのニューヨークの夜景。
ヘリコプターを使い高度7500フィート(約2300m)まで上がり、撮影しています。

これがまるで宝石箱のようだった(° □ °)✧˖°

ビンセントさんは「今までのキャリアの中で一番恐ろしいヘリコプターからの撮影だった、そして最も美しかったよ」と、そのときの体験を語っています。

ヘリコプターの限界近い高さから広大なニューヨークの都市を収めた貴重な写真。
まるで非現実の世界のような衝撃的な美しさですね。
ny7500feet_1

ny7500feet_3

ny7500feet_4

ny7500feet_6

ny7500feet_7

ny7500feet_9

ny7500feet_10

ny7500feet_11

ny7500feet_13

ny7500feet_15

©Vincent Laforet - www.laforetvisuals.com

©Vincent Laforet - www.laforetvisuals.com

©Vincent Laforet - www.laforetvisuals.com

©Vincent Laforet - www.laforetvisuals.com

©Vincent Laforet - www.laforetvisuals.com

ny7500feet_16
ほ・・宝石にしか見えない(*゚▽゚*)撮影ご苦労さま

via[Fstoppers]

Click below to share Share on Facebook