Share

ポルトガルの首都リスボン、交通事故多発地帯にある誰も止まらない信号機。
ポルトガルの人はせっかちなのか、人は皆、車と車の間をすり抜け急ぎ足で横断してしまいます。
当然、交通事故が後を絶えず、この場所はデンジャラス・スポットと呼ばれるようになってしまいました。

そんな中、スマートカー制作会社が考え出した「安全プロジェクト」がコレ。

「踊りだす赤信号」

赤信号が退屈なのは皆さん同じですよね。。だったら楽しくしよう!と言う発想。
dance_1

dance_2

ダンサーの動きをモーションキャプチャで捉え、リアルタイムで赤信号が踊っています。
dance_3

dance_4

釣られて踊る待ち人たちも出現!
このダンサー信号プロジェクトにより、81%以上の人が赤信号で立ち止まるようになったそうです(*´ω`*)グッジョブ

Click below to share Share on Facebook