Share

伝統と文化が息づく「世界のフェスティバル」にパワーをもらおう。行ってみたくなる凄すぎるフェスティバル 17選

神輿を担ぎ、にぎやかな音と共にどんちゃん騒ぎするのが日本のお祭りのイメージですが、
足を伸ばせば世界にはさまざまなお祭りがあります。
伝統を広める目的や勝利のお祝いのため、神を祀るためなど目的はいろいろありますが、一度は見ておきたい世界の素晴らしいフェスティバルを集めてみました。
fes_1

ホーリー祭
ヒンドゥー教のお祭り、神が悪魔に勝利した伝説を祝う祭り。色鮮やかな色粉(いろふん)には意味があり赤は血、緑は田畑、黄色は尿を象徴すると言われています。
ホーリー祭の前日にはかがり火焚き、辺りを明るくするところからお祭りが始まる。
fes_2

fes_3

ウインターイルミネーションフェスティバル
三重県桑名市「なばなの里」で毎年行われる光りのフェスティバル。70万個のLED電球を使った光はソーラーパワーで発電し蓄電、その電力を使うことで環境にも配慮している。
目玉の「ダイヤモンド富士」は優美ですね。
fes_4

fes_5

ベニスのカルネヴァーレ
イタリアのベニスで行われる謝肉祭。1162年にベニスへの侵略を試みた敵兵から勝利を収めたのをサンマルコ広場で祝ったところから始まったと言われている。
イタリア伝統の仮面や衣装を身に付け、まるで舞踏会のようですね。
fes_6

fes_7

Up Helly Aa ファイヤーフェスティバル
スコットランドでクリスマスシーズンに行われるキリスト誕生祭。映画のワンシーンを見るようですね。騎士たちが現れ、見物人は当時にタイムスリップしたような錯覚を起こします。
数千人の大行列が通りをたいまつ片手に行進、最後はレプリカのバイキング船に火を放ちます。
fes_8

fes_9

ラ・トマティーナ
スペインで毎年行われるトマト祭り。TVなどで観たことがある光景だと思います。このトマト祭の起源は正確には不明なのですが1945年、当時の住民が森に住む厄介な生き物に野菜を投げつけ、それがことごとく外れた伝説から始まった、と言う説が有力のようです。
8月に行われるこの行事、一日に2万人が集まり15万個以上のトマトをお互いにぶつけ合います。
もし、この説が本当なら森の生き物に当たらない悔しさから始まったお祭りかもしれません。。
fes_10

fes_11

アルパカーキ国際バルーンフェスティバル
アメリカのニューメキシコ州で開催される巨大な熱気球のフェスティバル。9日間で750以上の熱気球が飛び周ります。
1972年にアメリカのラジオ番組が誕生したのを祝い始まりました。
fes_12

fes_13

バーニングマン
アメリカのネバダ州で毎年開催されるカルチャーとアートの祭典。アーティストが音楽やアートを披露、述べ9万人が集まる。
フェスティバルの最後には、ところどころに設置された巨大な木製の人間のオフジェを燃やすそうです。
fes_14

fes_15

ランタン祭り
太陰暦の最初の月の15日間に渡り行われるお祭り。アジア各国で行われ、中でも台湾のランタン祭りが有名です。
fes_16

fes_17

ガーマ・フェスティバル
オーストラリアのヨルング族の伝統文化を広めるお祭り。地元のアボリジニ族がヨルング族の歌や儀式の踊りを披露します。
fes_18

fes_19

インティライミ(太陽神の祭り)
ペルーで毎年6月のインカ帝国の日に行われるフェスティバル。1944年から開催される伝統行事でインカ族の祖先に捧げるお祭りだそうです。インティは太陽神、ライミは祭りの意味。
日本人だとナオト・インティライミ氏の名前を思いつきそうですが、この太陽神のお祭りから名付けられているそうです。
fes_20

fes_21

札幌雪まつり
毎年2月上旬に7日間行われる雪と氷の祭典。7日間で約200万人が見物に来るそうです。海外でも有名で多くの外国人観光客が集まる。
1950年に札幌観光協会が主催したのが始まり、最初は中高生が雪像を5~6体作っていたそうです。
初音ミクの雪像、雪ミクも話題になりましたね。
sapporo

fes_22

エレファント・フェスティバル
インドのジャイプルで3月に開催されるインド伝統のお祭り。像はヒンドゥー教の神にも登場する重要な動物で、このお祭りでは像に美しい宝石や衣装を着せ行進、お祝いをします。
fes_23

fes_24

ホワイトナイト・フェスティバル
北極圏に近いロシアのサンクトペテルブルクにて、なかなか日の沈まないシーズンに行われる国際アートフェスティバル。
ネヴァ川に沿って深紅色の船が現れ花火が打ち上がります。第2次世界大戦終了後から始まり、新年度を祝っています。
fes_27

fes_28

エレクトリック・フォレスト・フェスティバル
アメリカのミシガン州で6月に開催される音楽とエレクトリックの祭典。森林地帯で行われ音楽と光りのショーがブレンドされるフェスティバル。
売上の一部は地域の恵まれない人へ寄付されています。
fes_29

fes_30

インターナショナル・サンド・スカラプチャー・フェスティバル
ポルトガルで毎年開催されている砂の彫刻のフェスティバル。ビーチで作られる彫刻は60人のアーティストが35,000tの砂を使い制作。合計で50体もの砂の彫刻がお披露目される。
fes_31

fes_32
Cascamorras

スペインのグラナダで毎年9月6日に行われるフェスティバル。500年上前にライバル関係にあったグラナダのGuadix地区とBaza地区。
両地区の争いの歴史が現在になり、黒いペンキをかけ合うお祭りになったそうです。
fes_33

fes_34

fes_35

fes_36

グラストンベリー・フェスティバル
1970年からイギリスで開催されている世界最大の野外音楽フェスティバル。ローリングストーンズなど超有名アーティストが参加し、2013年には13万5千人が来場したそうです。
歌だけじゃくサーカス、芝居、ダンスパフォーマンスなどを観ることが出来る。
fes_37

fes_38

全てを生で見たい・・
via[1.dougal.union.ic.ac.uk/2.cache.tokyotimes.com/3.wikimedia.org/
4.inapcache.boston.com/5.photorecipestepbystep.com/
6.photokatha.in/7.travelhymns.com/8.blogspot.com/
9.hotelmanagement.com.au/10.splnh.com/11.seejapan.co.uk/
12.m8.i.pbase.com/13.escapenormal.com/14i.imgur.com/
15.upload.wikimedia.org/16.spain-holiday.com/17.reddit.com]

Click below to share Share on Facebook